看護師に対して国からの援助金制度|看護師求人徹底追求「看護にお急」

看護師に対して国からの援助金制度

現在厚生労働省が健康保険の徴収金額を使い、看護師の求人促進化に向けて就職援助金を検討してるそうだ。これに対して国会議員のでも党内でも派閥がわかれているとされている。

 

この援助金に関しては、直接の国家予算である一般会計や特別会計には使われないようだが、普段国民健康保険を収めている国民から強い反発が起きるのではないかと経済評論家ムネスギ氏は危機予測をしている。

 

日本の国の医療を支えるために設けられた国民健康保険であるが、このような使い道をしてほんとうに良いのだろうか?現在その使い道の不正があったため問題となり、厚生年金などの資金が国家予算で補填されようとしている。

 

そのために消費増税が仕方ないとされている。こうした背景に今愛の出来事は果たしていいとされるのであろうか?はたはた謎である。

 

私もこの制度に関してはあまりよい気分ではないが、実際の医療現場に行くとそれも仕方ないのかと思わずにはいられない。

 

実際の医療現場はとても人不足なのである。人を呼ぶためあらゆる求人企業が率先してこの問題を解決しようと取り組んで入るが未だこの人不足を補うことはできない。

 

その結果助かる命も助けることができなくなっているケースがあるそうだ。

 

今一度国民はどうこの予算を使うのかを真剣に考える必要がある。

"看護師に対して国からの援助金制度"に関連する新着情報