看護師の外来求人について語る。|看護師求人徹底追求「看護にお急」

看護師の外来求人について語る。

ガーソafirumanによる。求人の風今回は、看護師の働く現場を紹介するこのコーナーであるが、今回は急速に貼っていしている海外からの看護師募集について説明させていただく。

 

現在、看護師の求人については止むことがなく、常に人が足りない。つまり買い手市場であることは先日お話をさせていただいたと思うし、ここに訪れているあなたはそんなこと聞かずとも理解していることだと思う。

 

では、なぜ人が集まらないのだろうか?そのために国は何を行っているのだろうか。近年高齢化社会と言われているこのご時世になぜそんなにゆったりと構えていられるのだろうか。私は疑問を抱えて右往左右してしまう。

 

国が現在行っているのは、看護師を日本で募集するだけでなく近隣諸国である台湾や中国から着ていただこうというのがこの日本が行っている施策である。

 

これには、現場の看護師から次の意見が飛び出していると言う。

 

「きていただくのは一向に構わないが、言語の壁はどうするのか」

 

「医療の知識についてはどこまで求めていいのかがわからない。」

 

「在宅手当などの手当金についてはどうすればいいのか」

 

「労働基準法について順守するのはいいが、どちらの国に合わせればいいのか」

 

このような問い合わせが多くあるのが実状だ。

 

日本政府としても、今後の対応を慎重に行うよう願いたい。

"看護師の外来求人について語る。"に関連する新着情報