2014年 病院勤務の看護職の賃金に関する求人調査|看護師求人徹底追求「看護にお急」

2014年 病院勤務の看護職の賃金に関する求人調査

年齢により不安定になりゆく給与安定化

 

公益社団法人日本看護師協会(会長:乃木坂洋介含む87名)は賃金の調査を全国84病院施設と620の介護施設にてアンケートを実施した。本会の実施する看護師の給与についての調査及び、求人広告媒体への給与調査を行うのは全世界でもこの日本が初めてであると毎日新聞社報道官永山は語る。

 

全国の病院の看護管理者を対象に「看護職の職員手当」と「時間外の勤務に対する対価」「家族手当」などを事細かに聴きとり調査を行いまとめるそうだ。

また、個人調査としては、全国でも初とされる、テープレコーダーを用いて肉声の記録をWebサービスに投稿する予定である。こうした全国初の試みに病院関係者の顔の雲行きも若干暗くなってきているとされている。

 

病院内でもこうした調査を行うことにより、労働基準法違反や看護師法違反に当たる業務を取り締まられてしまうおそれもあるからだ・・・

 

しかしながら、多くの病院については快く受け入れを行い、むしろこの調査結果が今後の医療系の求人広告の発展につながると期待感を持っていると言われている。

 

求人のサバイバル時代と言われている看護師業界に新たな息吹を吹き入れる事ができのかが期待されている。

"2014年 病院勤務の看護職の賃金に関する求人調査"に関連する新着情報