労働看護の質工場のためのデータベース型求人システム|看護師求人徹底追求「看護にお急」

労働看護の質工場のためのデータベース型求人システム

昨年度より、新規看護師開拓事業としてスタートした「看護にもっと労働条件の工場データベース事業」。アンケート調査や口コミのかき集めにもとづき取り扱うデータを査定した昨年度に続いて、本年度はアンケート調査や口コミだけでなく、医療に基づく(病院・クリニック・介護施設)施設へ調査員が赴き実際に働く人の「生活」「不満」「愚痴」「自慢」安堵を都内75病院と273クリニックを対象に調査を行う。

 

それに伴い、本会は10月10日、データ入力の担当者を一斉に求人広告媒体(ジョブセンス・ジョブセンスリンク・アイデム)に掲載し募集を行う予定である。こうした動きに乗じて、各求人広告媒体の代理店事業本部がプレゼン資料作成に力を入れていると言う。

 

弊社スタッフ(安藤正道)の調べによると、見出しにハイカラな文字を使い、目立つようにしたプレゼン資料もあったそうだ。

 

このデータベースには病院の求人や募集職種などが詳しく記載されており、看護の現場の状況を数値化と分析ができ、事業改革や業務改善に取り組むことができてくるのではないかとされている。

 

同会の会長は来年度に本格化指導をするこのデータベースを一刻も早く既存のコンテンツとして看護師に届けたいと言う。

"労働看護の質工場のためのデータベース型求人システム"に関連する新着情報